NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

St. Vincent 『Masseduction』

マスセダクションマスセダクション
セイント・ヴィンセント

Hostess Entertainment 2017-10-12
売り上げランキング : 30268

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

St. Vincentの通算5作目となるニュー・アルバム『Masseduction』。

2014年発表の前作『St. Vincent』はSt. Vincent=アニー・クラークの唯一無二のキャラクターが最もわかりやすいかたちで凝縮されたアルバムでした。数多くの音楽メディアの年間ベストに選出され、グラミー賞では最優秀オルタナティヴ・アルバムを受賞。その破格の才能に触れることができた2015年の来日公演、圧倒的なパフォーマンスを目の当たりにして震えるほど感動したものです。

ジャンルはおろか、ジェンダーの壁すら飛び越えた異形のロックスター。世界中の音楽ファンが刮目していた彼女の次の一手『Masseduction』はやはりというべきか、僕らの予想を気持ち良く裏切るものでした。

アニー曰く、本作のテーマに掲げたのは「精神病院のSM女王」。それを示唆するかのようにアルバムのアートワーク、そして先行公開された"New York"や"Los Ageless"のMVは目が眩むほど鮮やかな色彩感で統一。そのヴィジュアル・イメージは『Masseduction』の音像と見事にリンクしています。

テクノロジーを取り入れて新たな創意工夫に果敢に挑戦した結果、辿り着いた新たな地平。これは2050年の『Let's Dance』か?あるいはレプリカントが奏でるファンク?電気仕掛けのビートが闊歩する未来的なサウンドスケープは聴き手の想像力を刺激してやまない。

全編においてデジタル・サウンドを基調としつつ、ここぞで唸りを上げるハードなギターがスリルをもたらし、滑らかにメロディを描く歌声の艶めかしさに酔う。随所に配されたピアノやストリングスも効果てきめん。優しく包み込むようなバラッドでアルバムは幕を閉じる。

尖鋭的でありながらポップという二つの価値観が同居するSt. Vincentという名の音楽。その最新モードである『Masseduction』は人間と機械が抱き合いながらキスをする官能的な41分の物語。視線の先にはデヴィッド・ボウイやプリンスの背中が見えている。


St.Vincent "Los Ageless"



St. Vincent "New York"



St. Vincent "Pills"

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/707-92c8888e