NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

映画『シング・ストリート 未来へのうた』(2015年アイルランド・イギリス・アメリカ)

sing.png


あらすじ:大不況にあえぐ85年のアイルランド、ダブリン。14歳の少年コナーは、父親が失業したために荒れた公立校に転校させられてしまう。さらに家では両親のケンカが絶えず、家庭は崩壊の危機に陥っていた。最悪な日々を送るコナーにとって唯一の楽しみは、音楽マニアの兄と一緒に隣国ロンドンのミュージックビデオをテレビで見ること。そんなある日、街で見かけた少女ラフィーナの大人びた魅力に心を奪われたコナーは、自分のバンドのPVに出演しないかとラフィーナを誘ってしまう。慌ててバンドを結成したコナーは、ロンドンの音楽シーンを驚かせるPVを作るべく猛特訓を開始するが……。(以上映画.comより)


『ONCE ダブリンの街角で』や『はじまりのうた』で知られるジョン・カーニー監督の最新作『シング・ストリート 未来へのうた』。なんでも本作はカーニーの半自伝的な内容なんだとか。僕はなんとなく『あの頃ペニー・レインと』を観た時に近い感覚を覚えたんですけど、そういえば『あの頃~』もキャメロン・クロウの自伝的作品でしたね。

これまでカーニーが手掛けてきた作品がそうだったように本作も音楽が素晴らしい。今回はニュー・ウェーヴとMTV全盛の時代のお話だけあって、Duran DuranやThe Jam、ジョー・ジャクソン、The Cure、ホール&オーツなど1980年代を彩ったポップ・ミュージックがふんだんに使用されています。

そして主人公コナーが結成する劇中バンド、シング・ストリートのオリジナル曲がまた当時のヒット・チューンと言われても疑わないくらいキラキラしたポップ・ロックですごく良いんですよ。Duran Duranに感化されただけあって音楽性や衣装が影響受けまくりな点も微笑ましい(笑)

メンバー集めからリハーサル、路上でのMV撮影、校内で行う初ライヴなど、これぞバンドものの醍醐味というべきシーンが盛りだくさん。ギター兼作曲担当のエイモンをはじめ各メンバーのキャラも味があるし。ヒロインのラフィーナも14歳くらいの少年が憧れを抱きそうな大人びた雰囲気があって良かったと思います。

僕が特に惹かれたのはコナーの兄ブレンダン。かつてはドイツに行きたいという夢があったものの家庭の経済事情などを理由に諦め、大学を中退してブラブラしている彼はコナーの良き指南役。Duran Duranのコピーをするコナーに「他人の曲で女を口説くな」とオリジナル曲を作る事を勧め、演奏力に自信がないとこぼすと「Sex Pistolsが上手いか?お前はSteely Danかよ!」と檄を飛ばす。また「悲しみの喜び」という言葉の意味がわからないコナーに「これを聴け」とThe Cureの『The Head On The Door』のLPを渡したりと、その的確すぎるアドバイスに感心することしきり。でもブレンダン自身はボンクラというところがいい。だってロックはボンクラやはぐれ者を救う音楽だから。物語のラストで夢破れた自分の思いをコナーに託すシーンには思わずウルッときちゃいましたよ。

といった具合に登場人物はみな愛すべき魅力に溢れていて、音楽好きがグッとくる場面もたっぷり。『ONCE』や『はじまりのうた』も良かったけど、本作はそれらをも凌ぐカーニーのベストワークじゃないでしょうか。いや、それどころか音楽青春映画史に新たに名を刻む傑作と言っても過言じゃない。大好きです!( ;∀;)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/569-5cc1fba5