NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

映画『ボーダーライン』(2015年アメリカ)

sicario.jpg


あらすじ:巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。(以上映画.comより)


『灼熱の魂』や『プリズナーズ』などで知られるカナダ出身のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作『ボーダーライン』はアメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争を描いたクライム・サスペンス。

主要人物を演じるエミリー・ブラントやジョシュ・ブローリン、ベニチオ・デル・トロは大好きな役者さんだし(デル・トロなんてアイコンにしてるくらいですからね)、しかも題材がメキシコ麻薬戦争とあっては面白くならないわけがない。というわけで日本公開を楽しみにしていました。

FBIが麻薬組織のアジトを急襲する冒頭からいきなり心をグッと掴まれます。全編を通じて緊張感がピンと張りつめており、次の瞬間になにかとんでもない事が起こりそうな予感が漂っていて気が抜けない。

エミリー・ブラント扮する主人公のケイトは正義感の強いFBI捜査官。米国防総省の特別チームからスカウトされるわけですが、リーダーのマット(ジョシュ・ブローリン)からは作戦の全貌を知らされない。謎の男アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)の存在も気になる。アレハンドロはケイトに言う。「我々のやり方を見ていろ」。具体的な説明を受けないままアメリカと国境を隔てたメキシコのフアレスに連れてこられた彼女は、そこで想像を絶する光景を目にする事になります。

ケイトは本作の主人公ですが、最後までヒロインらしい活躍をする事はありません。一体何が起こっているのか理解できないまま終始戸惑うばかり。またケイトがスカウトされた本当の理由もあんまりというか、要するに彼女は利用されていただけなんですね。途中で何度も酷い目に遭いますし、ある意味では気の毒な人ともいえるかもしれません。

そしてもう一人の重要人物、アレハンドロ。彼を演じるデル・トロの発するオーラがとにかく半端じゃない。マット率いるチームの真の狙い、そしてアレハンドロがチームに同行する目的が終盤で明らかにされ、そこから先の展開にあっけにとられる。劇中である人物はアレハンドロをこう呼ぶ。「嘆きの検察官」。その眼差しはどこか空虚で、とても哀しい過去を背負った男。

熾烈を極める麻薬カルテルとの戦いにおいてアメリカ側がとる策は「毒を以て毒を制す」。本作の原題『Sicario』(メキシコでは”殺し屋”を指す言葉)とは、つまりそういう事なのだ。あまりにも闇というか、その救いのなさに気分が重くなりますが、はっきり言えるのはこの映画が心を抉る傑作だという事。なんでも続編の構想もあるらしいです。ケイトとアレハンドロのその後が気になるので期待したいですね。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/545-39412d8b