NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』(2014年アメリカ)

american dreamer

あらすじ:1981年、ニューヨーク。移民としてアメリカにやってきたアベルとその妻アナは、生き馬の目を抜くオイル業界で、クリーンなビジネスを信条に会社を立ち上げる。しかし、全財産を事業につぎ込んだ直後、何者かによって商売道具のオイルが強奪されるという事態が発生。立て続けに脱税疑惑、家族への脅迫といったトラブルに襲われる。悪い噂が広まったことで銀行からの融資も受けられなくなり、妻との間にも亀裂が入り始めてしまったアベルは、孤立無援の中で破産を回避するため奔走する。(以上映画.comより)


オスカー・アイザックという俳優さん、最近よく見かける気がします。個人的に最初にその存在を気にしたのは『ドライヴ』だったんじゃないかな(この映画自体好きで何度も観たからというのもあるけど)。主役のルーウィン・デイヴィスを演じたコーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で一躍脚光を浴び、今年公開予定のスター・ウォーズの新作の出演も決定している彼の目下最新主演作が『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』。

本作の原題『A Most Violent Year』が示すとおり、物語の舞台となる1981年のニューヨークは強盗や殺人が多発するなど治安が最悪の時代。アイザックが演じる主人公アベル・モラレスは「常にクリーンで高潔であるべき」という信条の持ち主で、汚い手を使うことなく正攻法でアメリカン・ドリームを掴もうとする男。暴力、特に銃を自分の人生に持ち込む事を嫌います。ギャングの父を持つ妻のアナとはその事で時に対立しつつ、窮地に陥った状況で高潔さを貫き通せるかが本作の見どころ。

雪景色が広がる冬の寒々しい風景のなかでキャメルのウールコートとクラシックなスーツを身にまとうアベルの気品ある佇まいは『ゴッドファーザー』のマイケル・コルレオーネを彷彿とさせます。売れないフォーク歌手ぶりが板についていた『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』の時とは全然違う雰囲気(当り前ですが)で、つくづく多彩な表情を持った役者さんだなぁと感心した次第。 またアベルを支える美しい妻アナを演じたジェシカ・チャスティンもさすがの存在感をみせつけています。

全体的に抑えた演出が効いていて派手さはありませんが、じっくり丁寧に紡がれるストーリーに引き込まれる渋い味わいの佳作。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/485-31f7d925