NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

Metronomy 『Love Letters』


Love LettersLove Letters
(2014/04/21)
Metronomy

商品詳細を見る

英デヴォン出身のジョセフ・マウント率いるエレクトロ・ユニット、Metronomyの通算4作目『Love Letters』。

前2作が高く評価された彼らですが、個人的には彼らの出世作である2008年の『Nights Out』はいまいちピンときませんでした。しかし歌もの志向を強めた前作『The English Riviera』でジワジワと彼らの魅力にハマり、今回の新作もその路線をさらに推し進めた内容に仕上がっています。
生音を重視した音作りにはアナログな温かみがあり、全体を包み込むライトなソウル感覚が耳を引きます。人力の演奏と打ち込みのバランスが絶妙で、AORやラウンジ、60sポップスなどの要素が溶け合った音はもはやダンス・ミュージックやエレクトロというカテゴリーに収まるものではありません。随所に挿入される女性コーラスも効いており、メロウで郷愁に浸るサウンドがひたすら心地良い流れを生み出しています。先行公開曲"Love Letters"のPVはミシェル・ゴンドリーが手掛けていますが、個人的にはウェス・アンダーソンがもしSF映画を撮るとしたらバックで流れてほしい気がします。
「21世紀のモンド・ミュージック」と勝手に名付けたい『Love Letters』は前作同様に聴くほどにクセになる味わい。今夏のSUMMER SONICにも出演予定の彼らですが、この独特の世界観をライブでいかに表現するのか気になりますね。


Metronomy " I'm Aquarius"



Metronomy "Love Letters"

Comment

GAOHEWGII says... ""
Jerry Sunborne様 こんにちは

これちょっと気になっていたやつでした。やっぱりいいですね。

「Love Letters」の映像は往年のビートクラブを彷彿とさせて
ほっこりします。
2014.05.10 15:40 | URL | #- [edit]
Jerry Sunborne says... "Re: タイトルなし"
GAOHEWGIIさん

作を追う毎にダンス・ミュージックから離れていってる感じで、今作はもう箱庭ポップスの趣すらあります。
個人的には前作『The English Riviera』の方が好みなんですけど、これはこれで良いアルバムですよ。

PVもお洒落でいいですよね(^_^)
2014.05.10 20:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/303-0f789f92