NOWHERE BOY

Getting so much better all the time.

The Killers 『Battle Born』


Battle BornBattle Born
(2012/09/18)
Killers

商品詳細を見る

ブランドン・フラワーズ率いる米ラスベガス出身の4人組、The Killers。00年代にデビューしたロック・バンドのなかで最も成功したアクトの一つに数えられている彼らですが、とりわけイギリスでは本国アメリカ以上の絶大な人気を誇っています。先頃発表した通算4作目となる新作『Battle Born』は、デビュー作から4作連続で全英1位に輝くという生粋のブリティッシュ・バンドでもなかなかできない偉業を達成。一方の全米チャートではP!NKとKanye Westに阻まれたものの、こちらも堂々の3位にランクインしています。

U2やQueen、Duran Duranなどの流れを汲む壮大なスケールのサウンドは健在ですが、今作は先行シングル"Runaways"を筆頭にじっくりと歌を聴かせるタイプのナンバーが多く、全体的に落ち着いたトーンに仕上がっています。ブランドンがソロ作『Flamingo』で見せた歌志向をバンドとして更に前へ押し進めたアルバムといえるかもしれません。伸びやかで力強いヴォーカルとドラマティックなメロディで引っ張る楽曲は、そのどれもが高いソングライティング能力に裏打ちされた深みを持っています。一時的な活動休止を挟んだ後の再出発という意味合いも込められた本作は、U2のアルバムに例えるなら00年作『All That You Can't Leave Behind』に近い感触があります。21世紀型のスタジアム・ロック・バンドとしてのあるべき姿が映し出された力作といえるでしょう。あとはこの新作を引っ提げて日本に来てくれる事を待つのみです。今度こそ頼むよ、ブランドン!


The Killers "Runaways"



The Killers "Here With Me"

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jerrysunborne.blog.fc2.com/tb.php/119-03601ccb